業務フローがスラスラ書ける魔法のカード「マジカ!」

マジカ!のダウンロードは"マジカランド"で検索!

マジカ2017に新しいカードが追加されました

ご好評頂いているマジカ2017に、新しいカードが仲間入りしました。 「めでたしめでたし」「ごきげん」「ふきげん」の3種類です。 カスタマーエクスペリエンスをデザインする時はもちろんのこと、業務フローの見える化や改善の際に非常に便利です。 特にふき…

【告知】デジマジ最新版をマジカランドにてリリースしました【重要】

管理者権限のOSユーザでないとちゃんと動作しない問題を解決して一般ユーザでの動作確認をしたものです。 機能的には一切変更はありませんが、内部データの保持の仕方が(主として権限対応で)変更されています。そのため以前のバージョンをお使いの方はデー…

マジカの新バージョンをリリースしました

マジカランドにて最新版の「マジカ2017」をリリースしました。例によって無料でダウンロードしていただけます。 マジカランドへようこそ! - マジカランド - 業務フローが誰でも簡単に書ける魔法のカード「マジカ!」 これまでのバージョンにあった課題の解…

与えられるものとしての矢印

随分と間が空いてしまいました。今日は少し手前味噌な話が混ざります。業務フローのフローを表現している矢印についてです。誰でも気軽に手軽に業務フローを描けますというのが、マジカ!のセールスポイントになっています。そして実際に、非常に多くのケー…

業務フローの用途

業務フローの作成を必要とするのは、幾つかのケースがあります。大きく分けると、ひとつは業務改善のため。もうひとつは引き継ぎのため。そして、これは業務改善の一環と言えるのでしょうけど、業務のIT化のため、です。最近、幾つかの事案に関わっている中…

引継ぎと業務フロー

ちょっと話がまた脱線するのですが、実はとあることで非常に強く「業務フロー欲しいかも」と思ったケースに出会いました。何故そう思ったのかというと、前任の方から引き継ぐ仕事だからなのです。まぁ要するに町内会の役員(実際には違うのですけど、ニュア…

影の司令塔

業務フローは実はパス回しだという話を書きましたが、ちょっと面白い記事を見つけました。 名大、サッカーに「ベキ乗則」法則を発見:日刊工業新聞 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720120117eaam.htmlこの記事によると、「パスを多く出す司令塔と位置づけ…

プロセス指向は正しいのか

業務フローに関わっていると、業務フローは大切なものだと思ってますから業務フローを中心に考えましょうということになります。業務フローが図示してるのはプロセス(過程)ですから、つまりはプロセス指向で物事を考えましょうということになります。です…

業務フローは果たしてフローなのか

前回、業務フローの本質は「流れの構造」だと書きました。ただ、本当に「流れ」なのだろうか、というのが実は割と本気で疑問だったりしています。というのは、以前に「シゴトのおきて」ということも書きましたが、要するに「Aさんからxxという依頼があったら…

メッセージパッシングと業務フロー

業務フローが欲しいと思うのは、複数の人が相互に関わりあう場合です。個人だけに閉じていれば、タスク管理とスケジュール管理の範疇で収まってしまうことが大半だからです。だから個々人にとっては業務フローを作成する有難味が見え辛いという話から、滞留…

業務フロー間の優先度と個人

前回の話を受けての続きとなります。前回というのは、これです。 プロセス間の優先度付け - 業務フローがスラスラ書ける魔法のカード「マジカ!」 http://magica.hatenablog.com/entry/2012/01/05/030736前回の例では、Aさんが3つの依頼 ・Bさん:提案書送付…

プロセス間の優先度付け

年が明けて2012年を迎えました。皆様いかがお過ごしでしょうか。本年もよろしくお願いいたします。…さて、前回は滞留の原因として、同じ人に複数の仕事が重なったときにどうしても先送りしてしまう仕事が発生してしまい、それが業務フロー上の滞留となってし…

ブログを書くことの悩み

前の記事で、来年もよろしく、とか書いていながら直後に更新するのもどうかと思うのですが、一年の締めという感じで蛇足な余談を。実は昔から、マジカ!に関することをブログなどで書くのは根本的なところで悩み続けていたりします。マジカ!は基本的に素人…

滞留と締め切り効果

滞留という前振りを書いてから、間が開いてしまいました。正にこれが滞留の実例という気分ですw あれこれしてるうちにあっという間に年末になってしまいました。さて、上記の一文は実は非常に示唆的です。業務の効率化をしようとしてフロー構造をいじっても…

マジカの様子

ちょっと話の続きは脇に置いて。 自分でも忘れてたのですが、マジカを実際にやってる様子を収録した動画をYoutubeにて公開しています。バージョンが2世代ほど前のものなので、カードの形式が少し異なっていますが、本質的には変わってませんので参考になれば…

業務フローと滞留

業務フローを書いて業務改善しましょうとは、よく言われる話です。ですが、現実問題として業務フローの何をどうすれば業務改善が出来るのかというと、割と微妙です。フロー図は大抵の場合、箱と矢印の連なりで書き表されています。で、目指すところは長さを…

個人と業務フロー

先の記事で「書きます」と言った小難しい話題はそれはそれとして、ちょっと別の切り口の話題を。マジカ!のダウンロードページには、業務フローに関する悩み事・困り事についてお聞かせくださいという欄があります。書くの面倒くさいと思うのですが、割と皆…

to be continued

先日の機能と構造の話とその延長線上として、業務フローの本質がメッセージパッシング(に伴うイベントドリブンモデル)であるという話と、業務フローのデッドロックとシステムダイナミックスの関係という話をしたいと思ってるのですが、書き始めたところで…

構造としての業務フロー

業務フローというのは、構造にあたります。骨組みのようなものです。一方で、以前にも書いたように、業務フローという「モノ」がしっかりと存在するのではなく、あくまでも未来に対する期待・願望・指針でしかありません。つまり触れないし見えない「コト」…

矢印のはなし

業務フローは流れを表現するものです。そこで流れ図=フローチャートのイメージで、大抵のものは矢印で図示されています。一方で、これはマジカ!をやりだしてから気付いたのですが、実は一般の人にとって矢印を引くという作業は思いの外精神的に大変だとい…

カードの利点

業務フローを書くための道具は世の中にいっぱいあります。正直いってもうこれ以上増えても仕方が無いんじゃないかとすら思います。そういう現代にあって、マジカ!が他の道具と決定的に違う点、それは名前に含まれている通り「カードを使う」ということでし…

名前の由来

マジカ!という名前はマジックカードの略です。まるで魔法のようにスラスラと書けるカードだから、マジカになりました。実はこれ、とあるお客様の発言がきっかけなのです。元々、情報システム開発における現状分析工程を効率良くするために作ったカードなの…

もしもの世界

業務フローは、シゴトのおきて=ルールの集まりを遂行した結果、振り返ってみるとそこにある一筋の痕跡であると、以前に書きました。では、その元となるルールとは何ぞやというと、未来に対する期待・願望・指針であり、その形式は条件とやることのふたつか…

ルールの形

仕事って何だろうか? マジカ!のバックボーンとしては、次のような構造になっていると考えています。 仕事=活動と成果まず、何らかの成果を達成するために行うのが仕事だと考えます。その上で、では何もしなくても勝手に成果が達成できるのかというと、残…

シゴトのおきて

マルモのおきてという番組がありました。子を持つ親としては、最近の芦田愛菜ちゃんの過剰労働っぷりには痛々しいものを感じてしまうのですが、ドラマはとても面白かったです。さて、そのマルモのおきて、家族をやっていくための決め事をノートに書いていく…

業務フローは獣道

業務フローあるいはビジネスプロセスなどと呼ばれるものは、矢印でつながっている図を見るためか、何となくレールのようなものがしっかりと存在していて、まるでその上を規則正しく物事が流れていくかのような印象を与えがちです。しかし実際にはどうかとい…

歴史と反省と目標と

マジカ!が誕生したのは2004年の5月頃のことです。当初は、既存システムのリプレースのための現状分析のために生まれました。ですから純粋にシステム開発における上流工程のための道具として出発しました。 転機が訪れたのは、知人の奥様が偶然にご自身の家…

ソーシャルの時代と業務フロー

別のブログに個人の時代というのを書きました。そちらに書いたように、これからの時代はより個人というものが問われる時代になるのだと考えています。主旨としては、 1.ソーシャルネットワークはより一層の影響力を得る。2.その結果、既存の組織やコミュ…

新しいブログはじめます

マジカ!は、マジカランド(http://www.magicaland.org/)にて株式会社マジカジャパンが提供している、業務フローをスラスラ書くためのツールです。このマジカ!にまつわる色々な情報をここで提供していきたいと思います。